URC

ほんやら洞の詩人たち

片桐ユズル/有馬高/秋山基夫
URL-1041 1975年2月

A 1 いつも戸口までだったね 2 イヌのおさむらいさん 3 ネコのおばあさん 4 なにかいいことありそうな気がする 5 あさじが原 6 変化 7 長いのがお好き 8 終りのはじまり 9 わらべ唄

B 1 日本語は乱れているのがそれでいいのだうつくしいという題にしておくか 2 ちょっとそこまで 3 ひとはどうして人を憎むんか 4 不幸な人の不幸をどうすることもできん詩

備考:自作詩の朗読 A)1 ~5 =片桐ユズル6 ~9 =有馬敲 B)1 ~4 =秋山基夫 CD:’avex io=IOC1-41031(03年12月10日)

●京都の喫茶店〈ほんやら洞〉を拠点に活動して いた“オーラル派”の詩人、秋山基夫、有馬敲、 片桐ユズルの三人によるポエトリー・リーディン グの実況録音盤。聴衆の反応も楽しい。

Writed by 黒沢 進

OTHER URC RECORDS

ボクは広野に一人居る

五つの赤い風船
URL-1026~7 1972年5月

家は出たけれど

岡林信康
URT-0050 1971年2月

溶け出したガラス箱

西岡たかし/木田高介/斉藤哲夫
URG-4003 1970年11月

大いなる遺産

岡林信康
URH-5002 1975年12月

HIRO

柳田ヒロ
URG-4017 1972年11月25日

三上寛1972/コンサートライヴ零孤徒

三上寛
URL-1031 1972年11月25日

母と子の詩

中島光一
UX-5004 1977年4月25日

手紙

岡林信康
URT-0053 1971年6月10日

休みの国/岡林信康リサイタル

休みの国/岡林信康
URL-1003 1969年6月

波まくら (日本禁歌集2)

博多淡海
URZ-9002 1970年2月

追放の歌

休みの国
URS-0018 1969年11月

ぴん助風流江戸づくし (日本禁歌集1)

桜川ぴん助
URZ-9001 1970年1月