URC

溶け出したガラス箱

西岡たかし/木田高介/斉藤哲夫
URG-4003 1970年11月

A 1 あんまり深すぎて 2 何がなんだかわからない時 3 君はだれなんだ 4 まるで君と同じのっペら坊で

B 1 ボクの右手の二本の指 2 マイケルの髪 3 小さな花が道ばたに… 4 さっき君が

備考:ディレクター=西岡たかし サイドメン= 加藤和彦/竹田和夫/細野晴臣/さえきまさし/ 上村律夫/Sun Orchestra 再発:’ 東宝=UX-8030(77年11月) ‘SMS=SM20-4141(81年3月) CD:’キティ=H20K25005(89年7月)’東 芝EMI=TOCT-8958(95年6月)’avex io= IOCD-40048(03年3月5日)

●五つの赤い風船の西岡たかし、元ジャックスの木田高介、新進フォーク・シンガー斉藤哲 夫が集まって作ったスタジオ・プロジェクト。
URCで最もサウンド志向の強い西岡による凝 りに凝った録音で、万華鏡的アシッド・フォークの世界へ。

Writed by 黒沢 進

OTHER URC RECORDS

だからここに来た

岡林信康
URS-0029 1970年10月

終り はじまる

中川五郎
URL-1010 1969年11月

大阪へやって来た

友部正人
URL-1022 1972年1月15日

夢は夜ひらく

三上寛
URT-0067 1972年3月15日

第4回フォークキャンプコンサート

Various Artists
URL-1005~6 1969年8月

休みの国

休みの国
URG-4014 1972年7月15日

親愛なるQに捧ぐ

加川良
URG-4012 1972年6月

転身

高田渡
URS-0005 1969年6月

New Sky (アルバム第5集 Part1)

五つの赤い風船
URG-4006 1971年7月20日

71中津川全日本フォークジャンボリー実況

加川良/斉藤哲夫/三上寛
URL-1018 1971年11月

教訓Ⅰ

加川良
URT-0058 1971年7月20日

汽車が田舎を通るそのとき

高田渡
URL-1009 1969年10月